【報告】旭川市 第1119回経営者モーニングセミナー テーマ「自分の「壁」をいかに超えるか」 2018年3月14日(水) : モーニングセミナーの予定と報告

[ PC版TOP ]

【報告】旭川市 第1119回経営者モーニングセミナー テーマ「自分の「壁」をいかに超えるか」 2018年3月14日(水)

2018/03/14

<画像>

第1119回 経営者モーニングセミナーは、
講師に
一般社団法人倫理研究所
法人局普及事業部
北海道・東北方面 方面長
那須 隆 氏をお迎えして、
テーマ「自分の「壁」をいかに超えるか」
にて、ご講話いただきました。




壁が立ちはだかると、自分を改めれ、今やれる目の前にある
ことを一所懸命やれば「壁は消えてなくなる」というお話を
いただきました。
そして、被害者意識からの脱却をすることにより、恩に気付き、
人間の本質をつかめるようにあるとのことです。
例えば、家に泥棒が入られたとした時、どろぼうが悪い盗んだ
泥棒が悪いというのが世間一般の考え方・・。
しかし、倫理的には
1.感謝(※盗まれたて無くなった「もの」が、いかに普段当たり
   前に使っていて、自分にとってなくてはならないもので
   あったことに気付かされる。そして、それがないと自分に
   とって大変なことになり、無くなった「もの」への感謝の
   気持ちが湧きあがる。)
2.詫び(※どろぼうに罪を追わせてしまった。もし、家の鍵を
    開けっ放しにしておかなければ、そして、盗まれやすい
    ようなものの置き方をしておかなければ、どうぼうを
    どろぼうにしないで済んだのに・・・。どろぼうにして
    しまったことにお詫びをする気持ちになること。)
3.許しを乞う(※そのどろぼうに心からお詫びをして、あやまる。
       「ごめんなさい。罪を背負わせてしまってごめん
       なさい。」と口にして許しを乞う。)
4.実践の決意(※今度からはその盗まれた「もの」に今度から
       大切に扱うからね。ごめんね。大事にするよ、と
       誓う。)
5.幸を祈る(※どうか盗みをしたどろぼうの幸福を祈る。罪を
       背負って辛い思いをしているであろうどろぼうに
       「もの」の大切さを教えてくれてありがとう。
       気づかせてくれたどろぼうに感謝して幸を祈る)
 ここまで行きつき、被害者意識を脱却すると、「もの」が自分に
返ってきたという実話を教えていただきました。
 この例えのように、全ては自分で壁を作っていることに気が付けば
自ずと壁が消えていくというお話でした。
 自分で自分の壁を作っているうちは、変わらない。そのために、
実践を行うということを教えていただきました。
 好きでないものを好きになる。仲良く出来ないものと仲良くなる。
被害者意識を脱却した先に、恩を感じることが出来るようになると
のことでした。
 学ぶことで普通の人間になっていく・・・その他大勢になって学び、
無色透明の存在に自分がなっていき、自分という概念がなくなってく
る・・・そのとき、初めて、他から本当に必要とされる人間になると
のことでした。
 大変、学び多きご講話でした。感謝!!

☆ 初参加の方へ ☆
モーニングセミナー参加にあたって
参加される際は、予約することなく
当日、会場へお気軽に足をお運びください!
※会場到着後、受付にて
「ホームページ見てきました」とお伝えください。

■会場情報
開催曜日 毎週水曜日
開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
朝食会 7:15〜7:45まで
開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 旭川市倫理法人会
powered by WebBoard